ヒゲ脱毛後の赤みの予防法5選!どれくらい赤くなるのか実例も紹介!

ヒゲ脱毛をすると肌がくまもんみたいに赤くなる…

巷ではこんな都市伝説が流れいます。

ヒゲ脱毛では毛根にダメージを与えるため、施術の後は肌が赤くなることがあります。

実際に僕もヒゲ脱毛に通っているのですが、確かに肌の赤みは出ます…

写真はレーザー脱毛1日後です。

くまもんほどではないですが、赤くなってることがわかるかと思います。

ひげに加えて赤みも出たら、せっかく見た目をよくしたいのに辛いですよね…

けれど日常的にできる「あること」でヒゲ脱毛後の赤みを抑えることができます!!

この記事ではヒゲ脱毛でどれくらい赤くなるのか実例を元に紹介していくとともに、赤みを予防する5つの方法を紹介していきます!

ヒゲ脱毛での赤みを予防する方法5選

ヒゲ脱毛後の赤みを予防する方法は以下の5つがあります。

  1. 出力を弱めにしてもらう
  2. ヒゲ脱毛の前後で肌の状態を整える
  3. 運動・入浴を控える
  4. 肌を触らない
  5. 紫外線を避ける

一つずつ説明します!

出力を弱めにしてもらう

冒頭でもお話ししましたが、ヒゲ脱毛で肌があかくなる原因は高温のレーザーで毛根にダメ ージを与える時に肌が火傷をしているからです。

どれくらい高温かというと、医療レーザー脱毛では大体200~230°Cもの温度になります。

やす

それは肌も赤くなるよ・・・

しかしこういった脱毛レーザーの出力はいくつか段階があります。

湘南美容外科では出力の強さに段階があり、その強さによって痛みは異なります。

そのため、もしヒゲ脱毛の後に赤みを残したくないのであれば、施術の前に「出力を弱めにしてください!」とお願いすることで肌の赤みを予防することができます。

ただ、その分脱毛効果は落ちてしまいます。

痛みと効果の兼ね合いは自分で判断すると良いでしょう!

ヒゲ脱毛の前後で肌の状態を整える

ヒゲ脱毛のレーザーは肌にダメージを与えていきますが、ヒゲ脱毛の前にもともとダメージがある状態で施術を受けると、レーザーの赤みからの回復が遅くなります。

具体的には…

・肌が乾燥していてバリア機能が下がっている
・睡眠不足で肌のダメージが回復していない
・前日にアルコールを飲んで肌が乾燥してしまう

などです。

そのためヒゲ脱毛の数日前後、できれば前後1週間程度は意識的に保湿を行なったり、十分な睡眠をとったりすることで肌の状態を整えておきましょう。

やす

NARUTOでカブトが螺旋丸を食う前から回復を行ってたイメージだね!

肌の状態がよければ、悪い状態の肌よりもヒゲ脱毛をした時に赤くなりにくいです!

運動・入浴を控える

ヒゲ脱毛の赤みは肌が火傷することで赤くなっています。

施術のあとに運動や入浴などをすると、血流がよくなり火傷の部分に血が回ってしまうので赤みが悪化します。

各院の注意書きにもあるように、施術前後の数日間は運動や入浴といった血行をよくしたり、汗をかくような行動は控えましょう!

肌を触らない

ヒゲ脱毛をした後数日はヒゲがすぐに抜けてくるというよりは

「おっ、なんかヒゲが柔らかくなってきたな」

と感じる事が出来るようになってきます。

そんないつもと違うヒゲの状態に、なんとなく気になってヒゲを触って肌を刺激しがちです。

肌を過敏に触ってしまうと、肌の摩擦で乾燥しやすくなったりダメージが回復しにくい状態になります。

ヒゲ脱毛直後は肌を触れるのは我慢しましょう!

やす

中尾彬のモノマネも禁物だね!

どうしても気になる場合は保冷剤で冷やすなどしましょう。

紫外線を避ける

長時間外に出て紫外線を浴びると、ヒゲ脱毛でおった火傷にさらにダメージを与えて治りにくい状態になります。

またヒゲ脱毛の前にも紫外線で肌が痛んでいると、施術後の炎症が治りにくい状態になりま す。

ヒゲ脱毛の1週間前後は日焼け止めを塗ったり、レジャーを控えたりと紫外線対策をしっかり行いましょう。

ヒゲ脱毛でどれくらい赤くなるのか?

ここまでヒゲ脱毛の赤みを抑える対策を紹介してきましたが、実際にどれくらい赤くなるのか僕のヒゲ脱毛の実例を踏まえて紹介していきます!

ヒゲ脱毛の方法によって、赤くなる程度も変わってきます。

今回は3つの方法について、違いを紹介します。

  1. 光脱毛
  2. ニードル脱毛
  3. レーザー脱毛

それぞれの特徴はこんな感じです。

 医療レーザー脱毛エステ光脱毛ニードル脱毛
効果
一番高い

普通

普通
痛み×
すごく強い

強い

強い
コスト
6~10万円

10~15万円
×
全部で100万以上
特徴痛いが効果が高い痛みが少ないが効果は低い即効性があるが、コストが高い

では種類による違いを写真つきで紹介します!

エステでの光脱毛

エステサロンでのヒゲ脱毛は、毛根に光をあてる事でヒゲの生成に関わる細胞を弱らせて、ヒゲが生えてこないようにする脱毛方法です。

医療レーザー脱毛と比較するとレーザーの威力が弱いので効果が少なく、また医療機関ではないので赤くなった場合の保証がありません…

エステでの光脱毛後の赤みはこんな感じです!

あまり赤くなってないですね〜

ニードル脱毛

ニードル脱毛は毛穴から毛根に針を通して、毛根の細胞に直接熱をかけて破壊する方法 です。

この方法は効果が高い分、毛穴に一番負担をかける方法で赤みがかなり強く出るのが特徴で す。

ところどころ赤みが出ているのがわかるでしょうか??

ちなみに光脱毛とニードル脱毛はTBCでやってきました!レヴュー記事はこちら↓↓

クリニックでの医療レーザー脱毛

最後にクリニックでの医療レーザー脱毛です。

医療レーザー脱毛はエステサロンの脱毛よりも強いレーザーを当てて毛根の細胞を破壊して いきます。

医療レーザー脱毛は医療機関が行なっている脱毛です。

そのため、赤みが出ない適度な範囲でレーザーを照射してもらえば、赤みが出ることは少な いです。

またもし赤みが出たとしても炎症どめの軟膏をもらうことができたり、医師の診察を無料で受けることができます!

ヒゲ脱毛で赤みがでた時の対処方法

ここまで各レーザー毎の脱毛の赤みを紹介してきました。

ここからはヒゲ脱毛で赤みが出た場合の対処方法を紹介していきます!

幹部を冷やす

先ほども説明してきましたが、ヒゲ脱毛後の赤みは幹部が炎症してやけどしている状態で す。

そこで患部を冷やすことで血流を抑えて、赤みを抑えることができます。

保冷剤などで直接冷やしてしまうとかえって冷やしすぎてしまうので、保冷剤をタオルに包んで10分程度当ててあげましょう!

保湿をする

赤みが出ている肌は肌のバリア機能が著しく落ちている状態です。

この時に紫外線や肌に刺激が加わってしまうと、肌の赤みが余計にひどくなってしまいま す。

そのため肌をしっかりと保湿し、肌のバリア機能を高めることでさらなる赤みが収まるのを待ちましょう。

ヒゲ脱毛の赤みを抑えた脱毛は医療レーザー脱毛がおすすめ!

もしあなたがヒゲ脱毛でどうしても赤みを抑えて脱毛したい!ということであれば医療レーザー脱毛をおすすめします。

レーザー脱毛は出力を弱くしてもらうことで赤みを抑えることができます。

各クリニックに医師が常駐しており、肌の状態を見極めて、レーザーを照射してくれます。

またもし赤みが出てしまった場合でも炎症止めをもらったり、適切な対処方法を教わったりと、医師のアフターケアを受けることができます。

したがって脱毛効果だけでなく、赤みなどのケアにおいてもクリニックでの医療レーザー脱毛がおすすめです。

おすすめのクリニックについてはこの記事で詳しくまとめています!

まとめ〜ヒゲ脱毛の赤みを予防する方法〜

本記事ではヒゲ脱毛で赤みを予防法とどれくらい赤くなるのかを紹介してきました。

色々ありましたが、とにかく覚えておいて欲しいのはこの2つです!

  1. ヒゲ脱毛で赤みを抑えるには血流と肌の刺激を抑える
  2. 赤みを抑えたいのであれば医療レーザー脱毛がおすすめ

もし赤みを抑えたいということであれば適切なアフターケアや施術が必要なので、医師が監修している医療レーザー脱毛がおすすめです。

やす

レーザー脱毛が効果面も痛み的にも一番!

医療レーザー脱毛では各クリニックに医師が常駐しており、医師監修のもとレーザーを打ってもらうことができます。

なのでもし赤みを起こしたくないということであれば、ぜひ医療レーザー脱毛を検討してみてください!!

ちなみにレーザー脱毛でおすすめのクリニックは湘南美容外科です!

\今すぐ湘南美容外科の情報を知りたい方は公式サイトへ!/

6回29800円〜

ぜひ検討してみてくださいね!