ヒゲ脱毛1回目の効果は?どれくらいでヒゲは抜けるの?

「ヒゲ脱毛1回目は果どれくらいあるの?」

そんなお悩みを抱えていませんか?

初めてのヒゲ脱毛でどれくらい効果があるのかって気になりますよね!

僕は医療レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛の体験にいってきたのですが、それぞれで1回目の効果はかなり違いました!

そこでこのページではヒゲ脱毛で1回目の施術のあとの効果を写真付きで日をおって紹介していきます!

ヒゲ脱毛1回目の効果は?

ヒゲ脱毛には医療レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛の3種類があります。

それぞれ効果や痛みが違いますが、実際に僕が各脱毛を体験した1回目の効果を見ていきます。

MEMO

各脱毛方法の特徴は以下の表の通りになっています。

  医療レーザー脱毛 エステ光脱毛 ニードル脱毛
効果
一番高い

普通

普通
痛み ×
すごく強い

強い

強い
コスト
6~10万円

10~15万円
×
全部で100万以上
特徴 痛いが効果が高い 痛みが少ないが効果は低い 即効性があるが、コストが高い

初めに結論を言ってしまうと、ヒゲ脱毛1回目の効果・コスパ・肌荒れ的に医療レーザー脱毛が圧倒的におすすめです!

医療レーザー脱毛の場合

医療レーザー脱毛は湘南美容クリニックの横浜東口店で受けてきました。

使ったレーザーの種類は、効果が高いタイプのアレキサンドライトレーザーです。

  ヤグレーザー ダイオード アレキサンド
ライト
メディオスター
効果
一番
高い

高い

高い

普通
痛み ×
すごく
強い

強い

強い

弱い

今回は1回目でしたが、体感的には効果をかなり感じていまして以下のような感じで髭が抜けていきました!

  1日後 3日後 12日後
効果 照射前と全く変わりなし 照射前と全く変わりなし ヒゲが細く、量が少なくなって薄くなるのを実感
感想 「肌荒れしてなくてよかった!」 「ヒゲが柔らかく、根元から倒れていく完食」 「おっ、少しヒゲが薄くなっている!?!?!?」

ヒゲ脱毛前後で写真を比較すると・・・(写真はヒゲを2日伸ばした時の比較)

左が施術前・右が施術後

激烈な変化はなかったものの、鼻の下・口の真下などの細かいヒゲがなくなっています!(ちょっとわかりにくいけれど・・・)

またヒゲの太さも体感でわかって、髭剃りが少し楽になるくらいに細くなってきています。

左が施術前・右が施術後

あご、鼻の下の端っこのヒゲが少なくなっているのがわかります。

左が施術前・右が施術後

左が施術前・右が施術後

ヒゲが細くなっていたり、密度が少なくなっているのがわかります。

 

ヒゲ脱毛から10日程度ではお風呂上がりに顔をタオルで拭いていると、毛根のないヒゲがポロポロと抜けていたり、顔に付いていることがありました。

洗顔後

毛根がなくて先が細いヒゲがポロポロ抜けてきます。

さらに詳しい日ごとの経過はこちらをクリック

ヒゲ脱毛を受ける前

ヒゲ脱毛前に2回髭剃りをしなかった時の写真です。

髭剃りをしないと3日目にはかなりボーボーに生えていることがわかります。

ヒゲ脱毛を受けた直後

ヒゲ脱毛を受けた直後の写真です。

施術はかなりの痛みを伴いまして、痛みを我慢するために力んだせいで全身汗だくです・・・笑

ただ施術後は思ったより赤みもなく、マスクを用意してきましたが普通に帰ることができました。

ヒゲ脱毛翌日

ヒゲ脱毛後の翌日も特に目立った肌荒れや変化もなし。

ヒゲ脱毛2日後

ヒゲ脱毛後はヒゲが太く見える泥棒ヒゲの現象が起きるかを調査するために、再度髭剃りをしないで伸ばしてみました!

特に見た目に変化はなし。

ただ体感としては、「ヒゲが柔らかくなっている!」「ヒゲを触った時にひげが倒れる」という体感を感じることができました。

ヒゲ脱毛3日後

3日目も2日目と同様です。

すぐにはヒゲが抜けてこないとは聞いていたのですが、ちょっとがっかりしてその後過ごしていると・・・

ヒゲ脱毛10日後

3日目の後に普通に生活をしていると、「おっ、少しヒゲが薄くなっている!?!?!?」と感じてきたので、あらためて2回の髭剃りをスキップして観察していきました!

ヒゲ脱毛11日後

「あれ、髭剃りして1日経ってもヒゲがあんまり生えていない!!!

いつもは1日経った朝はジョリジョリ感がすごいんですが、この時はジョリっとする長さにもヒゲが達しておらずどちらかと言うとつるっとしてるなという感覚になってきました。

ヒゲ脱毛12日後

丸2日経ってやっとヒゲ脱毛前の1日伸びたくらいの長さになってきました。

ヒゲ脱毛13日後

先ほども比較写真でお見せしたものです。

個人的には劇的な変化はないけれど、ヒゲの細さも量も減って1回目でほとんど効果がないと聞いてた割には大満足の結果でした!

エステでの光脱毛の場合

エステサロンでの光脱毛はメンズリンクスに1回体験のみ通ってきました。

光脱毛は医療レーザー脱毛に比べて光の出力が弱いので、医療レーザー脱毛に比較すると痛みが弱い脱毛方法です。

実際に光脱毛を受けてみても、レーザー脱毛と比較すると痛みはやや少なめ。

ただ当てる光の出力が弱い分、効果があまり高くないのが特徴で経過の写真をみても、光脱毛の前後であまり変化がないのがわかります。

レーザーを受ける前に髭剃りを2回スキップした時の写真です!

左が光脱毛前・右が後

ニードル脱毛の場合

ニードル脱毛は毛穴に針を通して毛根を熱で破壊し、その場で一本一本抜いていく脱毛の方法で即効性が高いのが特徴です!

しかし脱毛時の痛みは強く、かつ一本一本抜いていくので長い時間痛みをじわじわ感じました。

今回はメンズTBCの150本お試しキャンペーンに通い、主に頬ともみあげを中心に150本抜いてきました!

 

前後の写真で口横のヒゲなどがはっきりなくなっているのがわかると思います。

左がニードル脱毛前・右が後

左頬はかなり抜いたので口横は大分ヒゲが減っているのがわかると思います。

ただこれで150本。

一本100円程度かかるのでニードル脱毛はなかなかコストが・・・

ヒゲ脱毛1回目はどれくらい痛いのか?

各脱毛方法の効果でも書きましたが、ヒゲ脱毛の痛さは脱毛の方法で変わってきます。

また痛みは脱毛の原理的に回数を重ねるたびに痛みが弱くなっていきます。

MEMO

ヒゲ脱毛が髭の黒い色素に反応して脱毛していきます。

なので髭脱毛に通ってヒゲの密度が少なくなると、痛みを感じにくくなります。

とはいっても今回のページで紹介しているのはどれも1回目の施術。

どれもかなり痛みを伴いました・・・

 

この痛みをなんとか伝えることができないかと考えたのですが、効果は写真で伝えられるけど痛みは写真じゃ伝えられず。。。

そこで今回、ヒゲ脱毛の痛みを伝えるために画期的な方法を考えつきました。

それは実際にゴムパッチを体験してその痛みと髭脱毛の痛みを比較していきます。

ゴムパッチンの威力と比較検証してみた

Aさん

すいません、言ってることがわかりません!

まぁまぁ、実際に見てもらった方が早いかもしれないですね。

つまりこういうことです!

実際に輪ゴムを引っ張る長さを変えて、痛みの感じやすい鼻の下に当てる。

そして実験と実際の髭脱毛の痛さを比較して伝えようということです!!!

 

今回の実験に使ったゴムは直径4cmの普通の輪ゴム。

その輪ゴムを6段階の長さで引っ張って、1〜6ぱっちんの痛みを体験しました。

左が1ぱっちん・右が6ぱっちん

鼻の下という痛みをかなり感じやすい部分で行なっているので、ヒゲ脱毛のリアルな痛みを感じることができると思います。

もし施術前にヒゲ脱毛の痛みを知りたいということであれば、ぜひあなたも4cmの輪ゴムを片手にぱっちんしてみてください!

では実際にそれぞれの痛みを見ていきましょう!

詳しい実験結果はこちらをクリック

1ぱっちん

1ぱっちんは大体2〜3cm程度かる〜くゴムを引いて鼻に当てていきました。

1ぱっちんは痛み的にはほぼ痛みを感じないレベルの痛みです。

2ぱっちん

2ぱっちんは先ほどよりやや引いたレベル。

こちらも痛みはあまり強くなく、まだまだ耐えられるレベルです。

3ぱっちん

3ぱっちん目からは「まあまあ力が溜まってるな・・・」と感じるレベルの引き度合いです。

痛みとしてはちょっと肩がすくむくらいの痛みでした。

4ぱっちん

4ぱっちん目からは見た目もそうですが、かなりぐっと引っ張っています。

痛みのレベルとしては思わず体が動いちゃうレベルの痛さでした。

5ぱっちん

5ぱっちんは「これ以上引っ張れない」ギリギリの引っ張りです。

5ぱっちんまでいくと当てた時もかなりの痛みを感じますが、後までかなり響く痛みです。

6ぱっちん

最後は6ぱっちんです。これ以上引っ張れないという限界まで引っ張っています。

6ぱっちんまでいくと体が仰け反るのはもちろん、鼻水が思わずでてしまったり、涙がちょっと出てくるくらいの痛みです。

脱毛の種類と部位による痛みの違い

この輪ゴムぱっちん実験の結果を元に、各脱毛方法の痛みを比較していきます。

  医療レーザー脱毛 エステ光脱毛 ニードル脱毛
鼻の下
6ぱっちん 5ぱっちん 6ぱっちん
あご 5ぱっちん 5ぱっちん 5ぱっちん
あご下 4ぱっちん
3ぱっちん 4ぱっちん
ほほ 3ぱっち 1ぱっちん 3ぱっち
もみあげ 3ぱっちん 1ぱっちん 3ぱっち

やす

ヒゲ脱毛は部位でも痛みがすっごく変わります。

どの脱毛方法もヒゲが細かったり薄いほほ・もみあげ・顎下はあまり痛みが弱く、精神的にほとんど苦痛がないレベルです。

一方で一番痛みを感じるのは、ヒゲが太く密度が高い鼻の下とあご。

この2つの部位はとても強く、体にグッと力を入れてこらえ痛みを打ち消さなくてはいけないレベルの痛みでした。

ヒゲ脱毛1回目で肌荒れするの?

ここまではヒゲ脱毛の痛みについて紹介してきましたが、ここからは痛みではなくヒゲ脱毛後の肌荒れについてみていきます。

肌荒れも各脱毛で変わってくるのですが、肌荒れがひどかったのは以下の順でした。

  1. ニードル脱毛
  2. 光脱毛
  3. レーザー脱毛

その時の肌の状態で誤差はあると思いますが、脱毛後に起こった肌荒れについて見ていきます!

ニードル脱毛後の肌荒れ

先ほども説明しましたが、ニードル脱毛は毛根を針の熱で直接壊してその場で抜いていく方法です。

そのため毛穴にかかる負担が大きいのか、ニードル脱毛をおこなった後はヒゲを抜いた跡や、赤みが多くの部位で見られました。

左ほほでは口の横がかなり赤くなっているのがわかります。

あごでは抜いた跡が白くなって化膿しています。

光脱毛後の肌荒れ

光脱毛では全体に光を当てていき毛根にダメージを与えていく方法ですが、広範囲に毛嚢炎がみられました。

光脱毛後の肌荒れは毛嚢炎がよく見られました。

左が脱毛前・右が脱毛1日後
左が脱毛前・右が脱毛3日後

こうした毛嚢炎は10日前後で治ってきました。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は光脱毛の強いバージョンです。

レーザーが強いので施術を受ける前は「光脱毛の時よりも肌荒れするんじゃないか・・・」とドキドキしていました。

ただ実際は他の2種類と比べても目立った肌荒れは起こりませんでした!

左が直前・右が脱毛2日後

まとめ〜ヒゲ脱毛1回目の効果は?〜

 

  • 効果:医療レーザー脱毛>ニードル脱毛>光脱毛の順に高い
  • 医療レーザー脱毛では細いヒゲがポロポロ抜けて、伸びるのが遅くなる
  • 痛み:医療レーザー脱毛>ニードル脱毛>光脱毛の順に高い
  • 肌荒れ:ニードル脱毛>光脱毛>医療レーザー脱毛の順に高い

 

このページではヒゲ脱毛1回目の効果について紹介してきましがいかがだったでしょうか?

 

まだまだ1回目の効果ですが、効果が一番高いのは医療レーザー脱毛だなと受けて感じました。(痛みは強いけど・・・)

 

参考になったら幸いです^^